ブリアンという子供用歯磨き粉はどのサイトが正しいのだろうか?

ブリアンは国会内の審議でも名前が上がるほど知名度が急上昇中の子供歯磨き粉。そしてブリアンにまつわるサイトは腐るほどでてくるので、どのサイトが正しいことを言っているのか全くわからないという状況です。

ぶりー
ぶりー
ブリアンの情報ってどのサイトが本当かわからねぇな。お前マジ買って使ってみろ

はい、確かにその通りなので当サイトはブリアンを実際買って試しながら、徹底調査しました。メリットやデメリットからすべてをさらけ出してまとめました。

「ブリまに」とは

その名も「ブリまに」と名づけました。

ブリアンをマニア級に詳しくまとめたい!という気持ちの表れの命名となりました。いわゆる造語です。

ブリアンの種類とは

実際にブリアンシリーズを3種類、子供用(いちご・グレープ)、大人用(ミント味)、ペット用(ラブリービー)を購入しています。

ブリアンの成分検証が90日以上を計測したので、2018/09現在で4か月目(120日)の効果をまとめていきます。

ブリアンの使用者について

子供用:息子5歳

大人用:筆者40歳

ラブリービー:愛猫7歳

以上で4か月間の効果の効果をお届けしたいと思っています。

ブリアン歯磨き粉は必要性とは

ブリアンについては、必要ない・効果がないと言われていることもありますが、お口の中を整える点について「完璧な虫歯予防」というものが確立されていることを知りました。

虫歯になりやすい原因とは

上記の通り口を整えることに、善玉菌を積極的に摂取することは認められていますが、虫歯になりやい原因というものも存在しています。

ただし私たちの生活の中で両方を完璧にこなすことは、不可能に近い・・・

ぶりー
ぶりー
子供のことだからやりなよ。

その通り当たりまえなのですが、正直ノイローゼになってしまいます。

ロイテリ菌などで整える方法もありますが、乳幼児が安全に使える製品を取捨選択する必要もあるのが事実。簡単で親も子供もストレスがたまらない製品を選びたいもの。

日本にも「虫歯にならない体質」をもつ人がいるそうです。

幼少期の習慣などが強く影響した結果が虫歯にならないというアビリティを取得に繋がったと考えられており、私たちも小さいころからの意識付けで誰でも得られる、アビリティなのではないでしょうか。

もう遅いと言わずに、今からでも「虫歯になりにくい」体質は作れるはずです。

じっくり読んでみて判断してみてください。